読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺はリア充(古)

最近いい感じに脱力できるようになってきました。

以前は完璧主義過ぎてその事で自分自身が追い込まれたり、悩み過ぎたり、行き過ぎたり・・・。そんな中で離婚を経験して出会った魔法の言葉

「まぁいっか。」

これ、本当に魔法の言葉。ケアルガより全然効きます。もう何でも許せるし何でも受け入れられる。

離婚って本当にエネルギー使いますよね。

行き場の無い怒りとか、悲しみとか不安とか何かもう物凄い黒い感情がグルグル頭を回るんです。このままじゃ頭から黒いオーラの出まくりのまっくろくろすけ廃人になっちゃう、と思ったんです。で、出会ったのがこの言葉。これにより許しまくりの受け入れまくり。どのくらいかって言うと電車が事故で1時間遅延して1月の気温5℃のクソ寒い中でホームでそのまま待たされても全然気にしないで事故にあった人の無事を祈れるレベル(実話)そうなると何でも許せちゃうようになります。ちなみにこの境地まで達観するのに2か月以上かかりましたが、職場で数少ない友人(後輩)に話したら「もう変態ですね。」って言われました。まあ、そうなると人生って面白い事や幸せな事に溢れてるんですよね。人生の価値観や視野が360°変わったんです。つまり1周して周りを見て元に戻ったって事ですね。周りを見れたから新しい発見や価値観に気づけたわけです。う~ん。幸せ。

そこで思うんですが私って真のリア充ではないかと。一人身で人格のせい病気のせいで友達も本当に少なくて給料は安くて。でも日々、充実してるんですよね。食事をして貧乏飯で幸せを感じ、お風呂に入って幸せを感じ。春になって暖かくなってきた日差しに幸せを感じ・・・。本当に1つ1つの何気ない日常が幸せで充実しているんです。今までみたいに怒ったりする事もほぼ無くなりました。

所詮リア充なんて他者評価でしょ?他人から見て友達多そうとか、パーリーピーポーやってたりとか、恋人いるとか。そんなもん他人の価値観で他人が作った物差しを一般化して図ってるに過ぎないんです。ぼっちでもその人が幸せで充実しているならもうリア充なんですよね。そもそも俺、人と関わるの嫌だし。上辺の友達と2人にされるとその場の空気に耐えられなくて逆に爆発してしまう。

そんな事を思った今日このごろでした。