読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脱・執着心 キーワードは「してもいい」

    皆さんは執着心ってありますか?これってなかなかやっかいですよね。1回手に入れた幸せや気に入った物を手放すという決断はなかなか難しいものです。ではこれにどう対応するか。人生には運命?というか大きな流れに逆らえずに逆境に立たされる事が数多くあります。転職や離婚や死別その他etc…。その大きな流れの前に人間はあまりに無力です。吹き止まない嵐が過ぎ去るのをただ小さくなってじっと耐えるしかありません。だから人によっては神や先祖などの不確定な要素を信仰し助けを求めます。でも、結局は自分で乗り越えるしかないんですね。

 そこで、執着を手放す方法ですが、ずばり「してもいい。」思考だと思うんです。

特に認知の歪みを生じている人は当てはまります。私がまさにそうでした。(というか今もそうかもしれません。)私のようなタイプの人間は白か黒か、~しなければならない思考を常にしています。でも世の中はグレーな事の方が多いんです。納得いかない事、信じたくない事も全て事実。それ以上もそれ以下もありません。だからありのままを受け入れる。そもそも執着心そのものが自分中心の考え方だと気づきました。物に人に執着する。楽しいから、面白いから、好きだから。でも必ず言葉の前に「私が~・・・。」と付くんですよね。そして運命に逆らえず手放す時に苦しむ。そこで起こっている事は「手放さなくてはならない。」というしなければならない思考なんです。ここで執着心を持つ自分を認める。そして「執着心を持ってるのは良くわかる。それでいいんだよ。当たり前だよ。でも、もう大丈夫。手放してもいいんだよ。」という考え方なんですね。私はコレで随分楽になりました。

 そして、自分を、運命?を信じてあげる。私の好きな言葉に「汝泣くことなかれ。明日の事は神にもわからない。だったら今だけでも笑いなさい。」という言葉があります。ありきたりだけど未来の事、明日の事は誰にもわからない。自分自身でも、です。だから今はどん底だけど実は良い方向に向かっていると信じて進むしかないんですね。

 あと、執着心を手放す時に誰かを、何かを恨んでいてはいけません。私もどん底だった時にある人に「人の不幸を願っていては自分は幸せになれませんよ。」と言われてハッとした経験があります。自分の事だけ考えてりゃいいんです。それで十分。

 執着心に固執している時に思考が過去か未来に飛んでいませんか?過去にこんな楽しい事があった、あの頃はよかった、未来はきっとこうなってしまうだろう・・・。でも事実は全く異なります。今目の前で起こっている事だけが「事実」であり「現実」。5年前の貴方は今の貴方を想像できましたか?私は全くできませんでしたし、事実5年前とは全く違うものになっています。これからももっと良い事があるはず。ただ、少し疲れたからちょっと休もう。で、力が溜まったらリスタートしよう。と考えながら日々を過ごしています。嫌な事はやんなくていいじゃん。好きな事だけやってりゃいいじゃん。って考えです。まあ仕事も本当は休みたいけど休めないので続けてますが本当は1か月位休んで、ただただ寝たい。

 そんな事をついつい考えてしまう今日この頃なのでした。

 

自己承認力―人生を1000倍楽しくする思考法

自己承認力―人生を1000倍楽しくする思考法