世界線を変えたい。そして引き寄せの法則とかを提唱する輩はろくな奴はいない。

最近、暇つぶしに何気なく本屋に入って面白そうだと思った本をジャケ買いしました。

この2冊です。

 

 

 

まあ、ネタバレしない?ように書くとSF恋愛小説?みたいな。並行世界(パラレルワールド)解釈に基づく話なんですが、なかなか面白かったです。

 この影響でアニメのシュタインズゲートをアマゾンプライムで見始めました。

ちなみにゲームの方は5年位前にクリア済みです。

 

STEINS;GATE

STEINS;GATE

 

 まだ未体験の人が心からうらやましい。しばらく余韻に浸れるし、人生に大きな影響を及ぼす位のインパクト&感動のある作品です。お陰でひとり暮らしを初めてすぐにニキシー管の時計を買ってしまったほどです。

 

 

 こういう科学的な解釈に基づくフィクション、つまりSFが大好きです。夢、ロマンを感じる。アルジャーノンに花束を、とかアンドロイドは電気羊の夢を見るのかとかも大好きな話です。

 多分アスペのせいで思い込みが激しいのが災いして?るんでしょう。その分その世界にどっぷり浸れるのが救いです。

 シュタゲの話に戻ると現実でも世界線を変えたいと本気で思います。ジョン・タイターなんて本当に信じたいと思ってる位です。それと同時にスピリチュアルな事とかは本当に胡散臭いと思ってします。引き寄せの法則とか言ってる人は絶対友達になれないと思う。胡散臭さ半端ない。「この500万円の壺を買わないと不幸になりますよ。」って言ってくる怪しい人間と全く同類とみなしています。私は。アスペのせいでブーストかかって妙にリアリストなんですよね。本当に苦しい時にすり寄ってくる人間なんてロクな奴はいない。その前から友達だったとかなら話は別ですが。

 ここ2週間くらいは落ち着いていて、何とか人生のどん底は脱したのかな、と思います。理不尽な形で人生の転換を迫られて、心が折れそうでした。というか実際折れました。1回壊れました。で、引き寄せの法則とかの啓発本を手にした事もあったし、頑張った事もあったけど結局何も変わらなかったです。極論であれは「諦めて受け入れろ。そしたらお前が変わる」的な事を言ってるんですよね。そんなんで諦められたら苦労しねーよ、そんなんで望む物が手に入るんだったら誰も不幸になってねーよ、って思うんです。引き寄せの法則とかを提唱している輩は結局金儲けがしたいor運が良かっただけ。大多数の人はそんなに幸運じゃないから。特殊な事例を取り上げてさも一般論、当たり前かのように語ってるだけ。冷静に考えたら滅茶苦茶胡散臭いでしょ?

 だったらまだ、科学的な根拠の積み重ねという土台があるSFの方がはるかのロマンが詰まってると思いませんか?とりあえず世界線を変えたい。全く違う世界線へ飛んでみたい。混沌とした混乱の世界でも、平和な世界でも。そこに求める何かがあるのなら。

エル・プサイ・コングルゥ。これがシュタインズゲートの選択だ。

 

死の尊厳と死ぬ権利

 今回の記事は物議をかもす内容だと思いますがあくまで私個人の意見であり、気分を害するであろう方にはあらかじめ謝罪させて頂きます。

 今日、ネットニュースのトピックスで橋から身投げをしようとした女性を通りかかった方が助け思いとどまらせたという事で管轄する警察署から感謝状を贈られたという記事を目にしました。実は1週間位前にも同様のニュースを見ていて違和感を覚えたんです。なぜなら私はこれは全くのおせっかいだと思うからです。偽善以外の何物でも無い。勝手に作られた社会のルールや価値観を押し付けてるだけ。正義感の押し売りは止めてもらいたい、と思うんです。それは私がうつになって人の痛みと苦しさに敏感になったから。よりセンシティブに物事を感じるようになったから。

 最近は調子が良いですが、2週間くらい前はどん底にいました。離婚と子供と離された事による喪失感と自己否定。永遠に安らぐ日は来ないんじゃないか、こんなに苦しいなら早く楽になりたい、と毎日いや毎時間、常に考えていました。この苦しさは犯罪被害で親族を亡くした方とかに近いものがあるのかもしれません。幸せな日常から突然の人生の急変。交通事故にでもあったかのようにある日突然、幸せが無くなったんです。それまでは家族のためと思って仕事も休日も私なりに一生懸命頑張ってきたつもりです。でも理不尽にも奪われた。ものすごく苦しくて、辛かった。で、自然に死にたいと考えるようになる。死にたいのでは無くて、逃げたい、ただ楽になりたい。永遠に何も考えなくていいなら、胸の痛みを忘れられるならどんなに楽だろうと。その手段は死しか無いんです。今でもその考えは変わりません。でも積極的に自死を選ぶ事はしません。なぜなら怖いから。ただそれだけ。よく自殺防止サイトに「悲しむ人が必ずいる」「生きていれば死ななくて良かったと思う事が起こる」などと書かれていますが、確かにそれは事実だと思います。でもそんな事より「今」が辛いんです。だって誰も苦しみを代わってくれないでしょ。誰も痛みを共有できないでしょ?末期がんの痛みで苦しんでいる人の痛みを代わりに受けてあげられますか?爆弾で腕がちぎれた人に「痛いのは今だけ。いつか笑える日が来る」なんて無責任な事言えますか?自死を選ぶ人たちはさんざん苦しんで、孤独に痛みに耐えて、ようやく安らぐ手段を手に入れようとしてるんですよ?文字通り死ぬほどの恐怖を乗り越えてまで。理由は人それぞれ。だけど誰もそれを代わってはあげられない。私もそうです。誰かの痛みを代わってあげられない。ようやく安らぎを得ようとした人の勇気に賛辞を送って新たな旅立ちの幸せを祈ってあげたい。思いとどまらせてその後その人が何十年と背負って生きて行く抜け殻みたいな人生を貴方は背負ってあげられるんですか?できないなら余計な手出しはするなと言いたい。そしてそんな人間に賛辞を贈る風潮を辞めて頂きたい。どんな人も幸せに生きる権利とともに自分で自分の人生を終わらせる権利もあると思う。人の権利を勝手に奪って賞賛されるなんて間違ってないですかね?勘違いしてもらいたくないんですが自殺を推奨しているわけではありません。ただ、その手段を選ぶ人は抱えきれない理由があり、自分の権利を自分の意思決定に基づいて行使しようとしているだけ。だから責任がとれない他人が邪魔するなって思うんです。これは私にとって殺人と同罪位に罪深い事なんです。その人の尊厳を奪う。死という尊いものを強奪して無理やり生かす。ふざけるなと言ってやりたい。好きで生まれてきたんじゃないんだからせめて死ぬとき位は自分で決めてもいいじゃない。

 最近は落ち着いてきたのでどん底は脱しました。その頃と比べると確かに外に飲みに行ったり運動したり誰かと話たり楽しいと思う瞬間もあります。でも、長生きしたいとは思わない。今もし致死的な病気にかかったら治療しようとか延命しようとは考えない。今後も絶対に。そしていずれ迎える死の瞬間は心から笑うでしょう。これで未来永劫楽になれる。何も考えなくも済む。「貴方が死にたいと願った今日は誰かが生きたいと願った明日なんだよ」じゃあ俺の寿命の残りどんだけか知らないけど全部あげますよって思う。

 死は生と同じ位尊いもの。厳かなもの。生きる権利と同じくらい死ぬ権利も大切にされるべき。だから誰も奪ってはだめ。静かに旅立ちの行方の幸せを祈ってあげて下さい。それがその人の尊厳を守るという事です。よく自殺サイトなどで見かけますが、あるわけのない死後の世界や霊の話(成仏できない等)などのうさんくさい言葉を並べ立てていたずらに自死を選ぶしかない人を傷つけるのは止めて下さい。自死が唯一の救済、しかも自己完結できる自己救済である人もいる事を知って下さい。

 批判と誤解を恐れずに言います。私は応援はしませんが、そういった人たちの旅立ちを、行く先を祈ります。少しでも苦痛が少なく、恐怖が少なく、安らかでありますように。そして永遠の安らぎに満たされますように。

大切なもの

 ず~~~っとブログを更新せずに久々に見てみたら今月33回もアクセスして頂いていたのを見て、心の整理もついてきたので更新してみる事にしました。

 この間に離婚が成立し、約8か月間頑張ったシングルファーザー生活にも別れを告げる事になりました。一人になって丁度1カ月。正直しんどかった。何度も大鬱の波が来て本当に死ぬところでした。まあ自分で死ぬので殺すのは自分ですが。うつのサイト巡りをして運動が良いと聞いて毎日30分~1時間ジョギングしてみたり、セロトニンが良いと聞いて毎日バナナ食べたり。当然、薬も飲んでましたが喪失感と自己嫌悪で本当に何度死にたいと追い込まれたか・・・。せれでも死ななかったのは単にタイミングと勇気でした。死ぬ勇気が無いから生きてるだけ・・。抜け殻です。でした、かな。

 今日1カ月ぶりに息子に会って気づきました。私の知らないところで息子が変わってしまう事、私を忘れてしまう事、私を必要としなくなってしまう事が本当に怖かったんです。でも、1カ月ぶりだというのに息子は全く、本当に全く変わっていませんでした。まるで5分くらいしか離れてなかったみたいに、すごい笑顔で手を握ってきて。しっかりと力強く握った手をいつまでも放さず、全開で甘えてきてくれました。前回サヨナラした瞬間から時間がそのまま繋がってるようでした。家に来て一緒にゲームしたり、近所のスーパーに買い物行ったり。一人で鬱の時はスーパーに行くのも苦痛でした。でも息子が一緒というだけで同じ景色も色彩を持った世界に変わって楽しくてしかたありませんでした。お別れする時は少し寂しかったけど、これで明日からまた頑張って生きて行けそうです。生きて行く理由ができました。

 これまで家族のためと思って仕事も頑張ってきました。それが無くなると極端な話何のために仕事してるのか、何のために生きてるのか分からなくなってくるんですね。そして恐怖の正体は分かってしまえば何でもない事でした。アスペ特有の認知のゆがみと思い込みにブーストがかかってしまったようです。でもそんなくだらない事や1カ月そこらで無くなる絆じゃなかった。B’zのHOMEという曲で「言葉ひとつ足りないくらいではじけてしまうようなか弱い絆ばかりじゃないだろう」って言ってますがその通りでした。心でいつも繋がっている。だから負けない。

 鬱は波を繰り返すのでまた激しく落ち込む日が来るかもしれません。それが怖い。でも今日の事があれば乗り切れる気がします。

 何か人生のどん底過ぎて藁をもつかむ思いで、風水とか変なおまじないとか、神頼みとかに頼ってみたりしたけどそんなの全然無意味です。少なくとも宝くじが当たるような、突然交通事故に遭うような、運命の人と街角でぶつかるようなそんな著しい変化は人生でほとんど起きない。私の人生では今後も絶対起きないと思う。人は苦しいと一刻も早く逃げ出したい、状況を変えたいと願うけどそんな時は何も起きない。でも確実にゆっくりと少しずつ何かは変わっている。私と息子の関係にしても今後は確実に変わっていくでしょう。いつかは私が必要となくなる日が来るかもしれない。今まで私は短絡的にそれが突然起こると思っていた。でも、自分では気づかないくらいのスピードで時間をかけてゆっくり起こっていく変化なんだと思います。5年、10年かけて。

 ちなみに離婚してすぐに婚活なるものを始めました。ここからは全力で愚痴になります。お見合いパーティーに行ったり(2回)、ゼク〇ィ縁結びなる婚活サイトに登録してみたり。でも無意味だったと気づきました。特にゼク〇ィ縁結びとか所詮そういうところに登録してる人は人を見た目でしか判断しない人ばっかりです。(イケメンじゃない男のひがみ含む)でも、実際本当にそうなんですよ。写真を見てイイねを送るとマッチングするシステムなんですけどこれからやる人は全力で止めます。私も職場の同僚に勧められたんでやってみましたがお金返して欲しい気分です。自己肯定感が下がるだけ。振られてばっかり。まあやりたい人は写真だけみてエセ出会い系みたいなのやっとけばって感じですね。親友の女の子に「そういうところに登録してる女は人を見た目とかで判断してるからロクな人いないよ。あなたにはあなたの内面を見て本当に愛せる人とそういう関係を築いて幸せになって欲しい。だから辞めた方が良いと思う。」と言ってもらえました。本当に嬉しいし、自己肯定できました。そういう親友がいてくれるだけで人生幸せです。そもそも喪失感から始めた事ですし。その穴が他の物で埋まるわけないし、他の人で埋めるのは違うだろって思ってきましたし。

 来週からまた頑張って生きて行きます。来週は初めてアスペの自助コミュニティに参加するので楽しみです。

 

 

PSVRの感想とか

 先日待ちに待ったPSVRを手に入れて少し遊んでみました。

 PSストアからいくつか無料コンテンツを入手してやってみましたが、ずっとニヤニヤしてしまいました。アラフォーのおっさんが一人で夜中にニヤニヤしながら遊んでいる姿を想像するとなかなかヤバイ臭いがしますが、そんな事言ってられない位新鮮な体験でした。特にレースゲームとかは没入感が凄いのなんの。カーブで毎回、視覚的には大きく曲がって行くのに体は一切Gを感じないという違和感から眩暈を覚えます。これがひどくなるとVR酔いなるものを発症するそうですが、今のところ「VR酔いって何?都市伝説?」という感じです。小一時間ほど遊びましたが体調不良は一切なし。ただし、疲れる感じはありました。SONYの偉い人がVRについて「TV登場以来のイノベーション」と言ったそうですが分かる気がします。経験してないけど、TVが街頭に登場した昭和初期あたりはこんな感動をみんな覚えたんだろうなぁ、と想像すると何だかロマンを感じてワクワクしてしまいます。

 あとは、今はまだ試せてないけどシアターモードというのがあって目の前に劇場サイズのスクリーンが登場して映画を鑑賞できるモードもあるので楽しみです。ゲームよりもそちらを楽しみに買ったようなもんですし。そういえばAmazonのプライムビデオのウォッチリストもいっぱいだなぁ。早く見ていかないと毎週末1本ずつ見ても今年中には見終わらない量になっています。

 SONYといえばグラストロンに始まるヘッドマウントディスプレイの歴史がありますが、それを考えるとPSVRは破格ですね。VRも見れるし。ただ、PSVRは見るまでのセッティングが面倒です。ケーブル多いし。だけどこのどこでもドアがあれば一瞬で美しいビーチへ行ったり、おどろおどろしい屋敷に行ったりと究極の現実逃避ができます。幸い品薄状態も改善してきているみたいですし、気になる方でお財布に余裕がある方はぜひ新時代の幕開けを体感してみてください。

早くこいこい~PSVR(字余り)

 PSVR、まだ来ません。私はソニーストアの体験会に参加して購入手続きまで終わっているんですが、まだ届きません。だって発送2週間後だから…。

待ちきれん!VRってどこでもドアだと思うんですよ。好きなコンテンツで好きな場所に行ける。大げさじゃなくて空間に行けるので。もう興奮しまくりです。とりあえずゲームやって、映像コンテンツ(映画や大人のムフフを見る)

 まだまだ大作ゲームは少ないようですが、個人的にはガンダム系やフライトシュミレーター系には親和性高いんじゃないかと勝手に想像しています。モビルスーツに乗ってニュータイプ気分を味わう、正に男の夢って感じです。昔セガサターンで出たブルーディスティニーシリーズあたり、リメイクされないかなぁ・・・。

 ちなみに体験会以外でVRは体験していません。何かスマホ使って安価なやつもあるみたいですが、感動が薄れると嫌なので使っていません。好きな物最後に食べる方だし、何か始める時は形から入るほうなので。

 とりあえず、今日はいい事ばっかりは無かったけど今はそれを楽しみに頑張ります。

そして夢の現実逃避へ!ビバVR!

発見!スライムコントローラー

最近Amazonでウィンドウショッピングが趣味です。カテゴリーに関わらずいろんな物を見て、気に入ったら欲しいものリストに追加してます。で、PS4買ったんで何か面白い物ないかなぁ、と見ていたら見つけてしましましたよ。これを

 

【PS4対応】ドラゴンクエスト スライムコントローラー for PS4

【PS4対応】ドラゴンクエスト スライムコントローラー for PS4

 

 ヤバい。欲しい。考えた人のセンスに激しく嫉妬。すごくいい。でもデュアルショックはついているんだろうか?あとメッチャ持ちにくそうです。汗かいたら滑りそうだし。しかし、使わない時はオブジェにもなるしインテリアとしてはいいかも。だが、高い。ギャグで購入するにはハードルが高い値段で悩みます。ソフト2本、中古なら3本は買えますし。今はVRとProを購入してしまいお金がありません。ゲームの購入は100%バイト代のみと決めているので頑張ってバイトするしか無さそうです。

でも実際には買わないんだろうなぁ。多分。

マルチデバイス・PS4

 ついに家にPS4がやってきました。先日、巷で噂のPSVR争奪戦に遅ればせながら参戦し、無事ゲットできました。PSVR、もう感動です。本当に手を伸ばせばそこに手が届きそうな感覚になります。ゲームはもう視覚的な刺激だけで視聴する時代から体験する参加型の時代に来たと感じました。子供のころに夢見た近未来そのものの体験が本当に新鮮でした。で、これまでPS2で止まっていた私の中でのゲームの針を動かす時が来ました。VRやるなら、Pro一択、というわけで購入してしまいました。PS4。早速セットアップしたんですが、TV画面でyoutubeamazonのプライムビデオが見れるというだけでもう感動です。元々amazonはプライム会員だったのでタブレットスマホで見ていたんですが、それがTVで見れるというだけで新感覚です。まあPS4を持っている人にとっては当たり前だよ、何を今さらと言われるかもしれませんが私にとっては結構衝撃でした。PS4でもやりたいゲームたくさんあるので楽しみです。PS4って本当に色々な事ができるマルチデバイスだなぁ、と感じます。これがソニーの狙いなんでしょうか。ゲームハードの枠組みを超えた存在ですね。

 ちなみにうちのご神体となるPSVR神はまだ発送待ちの段階です。早く届くといいなぁ。楽しみです。自宅で究極の現実逃避。嫌な事や嫌な現実から夢の世界へ。